知っておきたい遺産相続に関する法律

MENU
知っておきたい遺産相続に関する法律

遺産相続は法律で解決

親族が無くなると、悲しみにばかり浸って至れないのが現実です。なくなった直後は、お葬式の段取りを決める為とにかく葬儀屋に相談しなければいけません。そして親類を集めていろいろな相談をします。とにかく急いで決めなければいけないことだらけで、泣いている暇なんかないのです。

そして、お葬式が終わると現実が待ち受けています。遺産相続です。葬儀期間中に遺産相続の言い争いをするなんて事もあるかもしれませんが、できれば葬儀が落ち着いてからにして欲しいところですね。亡くなった方が遺産に付いて遺言や遺書を残していれば、不満があったとしても従うしかありません。しかし、急に亡くなった場合はそうもいかず、親族での話し合い、または法律に従うことになります。

遺産と言うのは、実は負債も含まれています。でも、誰だって負債は譲り受けたくないものです。そんな時は相続を拒否する事もで来ます。ただしその場合は、現金や不動産があってもそれを相続する事も出来なくなるのです。おいしいところだけを頂こうと言う訳にはいかないのです。特に負債がある遺産を相続する場合は、安易に拒否をせずに、総合的に考えてから相続の有無を決めることをオススメします。

関連サイト