知っておきたい遺産相続に関する法律

MENU
知っておきたい遺産相続に関する法律

不動産や口座預金の遺産相続は法律上の手続きが必要

いたって仲の良い家族が遺産相続で揉めることなどあまり想像できないでしょう。しかし実際には法律上きちんと手続きを踏もうとすると揉めることはよくあります。揉めるほど遺産がなければ良いですが、例えば古家ひとつでも不動産があると何かと厄介です。ほんのわずかな箪笥預金しかなく、大半が葬式代やらでなくなってしまい、残りは同居していた長男のものにする、というような合意を相続人全員でした場合は簡単です。要するに不動産や金融機関への預貯金など、名義がはっきりしている遺産がある場合に問題となります。

例えば金融機関に預貯金があったとします。たとえそれがほんの数万円であっても、引き出すためには相続人全員の合意が必要です。具体的には遺産分割協議書と呼ばれる書類です。金融機関は口座を凍結し、それがないと引き出しに応じないようになっています。これは考えてみれば当然のことです。不動産でも同じで、実質名義変更をせずに住み続けることはできますが、増改築や建て替えなど、登記の書き換えが必要な工事はできません。そんなことにならないようきちんと協議書を作成するわけですが、いざ法律上必要な書類に判を押すとなると急に躊躇することも出てくるわけです。そうならないためには被相続人が遺言書を残すのが一番です。

関連サイト