知っておきたい遺産相続に関する法律

MENU
知っておきたい遺産相続に関する法律

法律による遺産相続問題とは。

遺産相続は財産が多い、少ないにかかわらず、親子、親族がいれば誰にでも関わってくる問題です。互いに合議し協調しても、あとでモメゴトにならないようにブロックするためには、法律の手続きが必要になります。人間には感情というものがあるから、どうしてもあとで問題を発生させてしまうのが人の世の実相でもあります。

法律的に順序立てしますと、次のようになります。まず被相続人の死亡を知ったときから相続開始です。まず葬儀とか慰霊が心情的順番です。焼き場(遺体焼却場)で骨上げまではしなければなりませんが、事情に応じて納骨はお墓建立(すでにある場合は別)がなければ納骨ができません。しかし納骨証明書はないと考えましょう。火葬証明書は、お骨上げ後、火葬場から証明書が交付されます。次に、相続人が多数いた場合(主に親族関係者)、相続権が発生していますから、親族協議を行う必要性があります。被相続人が死亡してから3カ月以内に、家庭裁判所に申し立てれば、相続権放棄手続きは完了しますが、その手続き合意がなかったら、単純承認とみなされ、どこまでいっても相続権はあります。放棄しても遺留分の問題も発生します。

あとあとモメゴトを起こさないためにも、法的ブロックは必要ですが、心情や感情が絡むため、合意を取り付ける努力はしなければなりません。よく遺産分割協議書など作成して、法律的効果の有無を要求されます。遺言は、被相続人の生前の意向なので、重要視されますが、日付が新しい、古いという順番で法律的効果は異なります。しかし相続人は、遺言があっても最低限の遺留分は請求できます。そして財産家、特に相続税を支払うべき納税者は被相続人が死亡してから、現行法は10カ月以内です。昔は6カ月以内でした。法律が改正されたわけです。